借金返済計画を立てるための前借り

      2017/07/03

今月もなんとか私の借金の返済は無事終了です。

終了と言っても今月分が済んだってことなので終了とは言えないか。

あまりにお金がなく、目先の借金返済に追われすぎて先がまったく見えないので「お金の余裕を求めて」、昨日のブログで「母にお金を借りてきます」と書いてすぐに母のところへ向かいました。

借りないほうがいいのかと躊躇したり、それに嫌みを言われることを覚悟はしていたものの・・・

ブログで借ります宣言をして勢いをつけ、その勢いが低下する前に行こう!と。
スポンサーリンク

借金返済の計画を立てるための前借りです。

とりあえず母から少し多めに10万円、無事に貸してもらいすぐに口座へ入金、UCカードは無事に返済できました。

でもあくまでもこのお金は、困窮する生活と借金の返済の金策が少し楽になるために借りたお金です。

つまり、借金返済する以前の金策用の前借りのようなものなので、それ以上それ以下でもないお金です。

次はこの母への返済のことをまた計画しなくちゃいけない・・・

[st-card id=1794 ]
返済先が増えてしまったけど、現状どうにもならない生活なので仕方ありません。

計画を立てても・・・

予定とおりにいかず頑張っても必ずどこかで躓く。

躓いているうちにも返済日は近づいてくる。

そんな生活の繰り返しが続くと、まともな精神状態で物事を考えにくいのです。

躓いても転んでも立ち上がらなくちゃ前には進めないと、頭ではわかっていても、一度つまずくとこの先どうやっても思い通りになんかならないし、どんなに予定を立てて頑張っても「どうせ無理なんじゃないか」そう思ってすべてに悲観的になります。

そんなネガティブな気持ちを紛らわすために、今まではそんな現実逃避は買い物だったけど、これからは内職先のパートへ行きます。

それが新たな現実逃避です。

現実逃避というにはほど遠いけど、パート先で誰かがいて人と関わり、作業する時間に何かを考える余裕がないこと(考え込みすぎない)で、十分に現実を忘れさせてもらえるから、今の私には一番必要な時間なのかも。

お金のことばかか考えて追われていて、気持ちも体もフラッフラだけど借金に飲み込まれてボロボロになる前に頑張ろうと思っています。

そして母から借りたお金の残りで予定の行動をとりました。

お金がなくなる前に生活用品の買い出しに行ってきました。

家庭の生活用品を買うことさえ困窮していたのです。

もちろん近くのディスカウントショップで購入するので、スーパーやドラックストアーよりも低価格ですが大量購入するのでやっぱり高額です。

約1万円ほどかかりましたが生活に関わるもの、家族に関わることなので、品に妥協はするけど買うことに妥協はできないので正しい買い物なはずだけど、なぜか今日はいつもこの買い物で満たされる「現実逃避してるという気持ち」が全然充たされませんでした。

別に洋服やバックなどの自分の物が買いたいわけでも買い物がしたくてしたくてたまらないわけでもないのに、「こんなにお金使って大丈夫かな」そんな不安に襲われました。

やっぱり借りたお金をすぐに使ってしまうというのもあるのかも。

けして間違えた買い物ではないはず。

あとを考えれば先にまとめて買うことも間違えていないはず。

でもここまで不安になるのは、今月の返済日までに母から借りた現金が残っているか?と不安と心配が入り乱れて、ここまで切羽詰まってやっと自分の借金生活を見返してこの計画でいいのかと考えると・・・

母からお金を借りたことは、借金返済計画ではなくて単なる困窮する生活費のつなぎだっただけなのかも。

そうだとしてもそうするしかなく、これが今の状況。

無計画な買い物と計画性のない借金が全ての根源。

今更だけど気づかないよりよかった?気づかないよりまし?もう遅い?

今月末もない知恵をしぼって返済方法を必死に考えなくては。

 - 内緒の借金返済生活