現金は借金返済のために回します

      2017/03/28

とりあえず今月返済しなければならい借金の返済はどうにかすることができました。

もう既に翌月の早い返済日の請求が届いていますが、次に待っているのは生活にかかるお金のやりくり。

いや、やりくりではなくお金の回し方です。

借金を返済した残りのお金で生活のやりくりを考えなければなりませんが・・・

現金は借金返済のために回します

何があるか分からないし、何かあったときに出てくるお金もありません。
スポンサーリンク

なので、現金は借金返済のために回します。

既に翌月のカード請求も来ていて、現金全てを使うことは出来ないので、最終的にどうにもならなければ、やはりカードを利用することになると思います。

それをどう最小限に抑えるか。

1か月の全ての返済が終わっても、終わりはないのです。

以前はカードで買い物をしていましたが(生活にかかる部分)

支払いをカードでする場合と現金の場合があり、結局金額として1か月にどれくらいを使ったのかすらわかりませんでした。

現金は借金返済のために回します

わかろうとしていませんでした。

私は支払いを全部現金にするのは難しく、仮にすべてを現金にしたからと足りることはありません。

カードと現金どちらも並行して使うのではなく、ここまでは現金のある範囲で収めようとすることで、カードを利用することになっても、合計でどれくらいを使ったのかを把握するようにしました。

それからは、今まで以上に買うことを抑えることもできるようになったような気がします。

でも買い物依存症の私です。

そんな簡単にすべてが変われるわけではありません。

たとえひと月の予算を決めていても、お金がある時には最初にまとめて買うので金額もそれなりにかかり、少し気分も高くなってしまいます。

その予算が少なくなると、このままではいけない!と気づき慌てるのです。

私が借金を増やしてきたのはストレス発散と現実逃避です。

自分の為の贅沢品を買うことで負債を増やしてきましたので、今更ですが

家庭にかかるお金、食費や生活用品は計画的に予算も切り詰めて、買う場所も選び、少しの無駄もないように考えて生活、購入しているのです。

でも生活していると、予定している必要な日用品以外の出費が毎月必ず何かしら出てきます。

なるべく現金は借金返済に回すようにしながら、他の支出と残金そしてカード利用のやりくりが、今月の借金返済が終わっても終わりなく(続く)のです。

 - 内緒の借金返済生活