借金地獄の元凶は僅か100円をカード払いにする見栄

      2017/07/03

お給料日まであと1週間余り、どうやって乗りきろう・・・

返済が終わってからも気の休まる暇はありません。

今は現金を持たずにカードや電子マネーだけで生活もできるんじゃないかな?と思うほど、どこでもカードが使えます。

でもやっぱり今でもカードが使えなかったり、あまりに少額だとカードが出しにくかったりしてしまいます。

それでも最近では100円だってカードで支払うことが普通です。

そのおかげで、お金がない私は助かっています。
スポンサーリンク

でも僅か100円をカード払いにするのにも見栄を考えます。

少し前は高額な買い物のみカードを使うという認識が一般的だったと思います。

なので私は、いまだに少額でカードを使うことに抵抗があって「この人こんな少額も現金ではらえないのかしら」

そう思われてしまうんじゃないかって。

これも見栄ですよね。

私の場合そんなくだらない見栄は捨てなくてはダメなんです。

なので、現金はできるだけ借金返済に回さなくてはならない私は、僅か100円からでもカード支払いが普通となっています。

その点に関しては最近のカード事情に感謝しています。

私の見栄は借金地獄の元凶でもあるのです。

カードを長年使っていても、いまだに新しい発見があります。

スーパーなどで浸透しているセルフレジ。

ここでは1万円以下や3万円以下ではサイン不要がほとんどです(レジによくそう書いてあります)

私はここでも見栄がつよく(なので借金があると自覚しています)「支払い回数は?」と聞かれると必ず「1回で」と答えてしまします。

困ればあとから簡単にリボ払いにできるしと思うので、支払いの時は見栄を張って「1回で」と言ってしまうのです。

ある日のセルフレジ。

レジ(機械)が相手だし見栄を張らなくてもいいし、そう思い支払い選択画面でカードリボ払いを選択しました。

すると「サインが必要なのでお持ちください」と表示されて、係の人が来ていつものようにサインをしました。

私は最初は気づきませんでした。

「あ!金額にかかわらずレジでリボ払いを選ぶとサインが必要なんだ」と後から気づきました。

レジの機械が相手でも見栄は張らないといけなかったのか・・・

そんな間違った気持ちにすらなりました。

そのくせ・・・

見栄を張って無理な1回払いにしてしまい、あとからリボ払いにすればいいやと思っていても、締め日を完全に覚えていなかったり、使用した日より締め日も返済日もだいぶ後。

その頃には忘れてしまっているのです。
[st-card id=879 ] 気づいた時にはリボ払い変更期限を過ぎてしまい一括請求。

私にとって見栄は借金地獄の元凶、ただそれだけです。

 - 借金主婦の現実逃避