借金苦でクタクタです

   

先週末からの出費の嵐が止まらず、今月の借金返済を遅延したまま1週間が過ぎ去りました。

金策のメドが立たない。

1日が24時間じゃ足りない、足りていても有効に使えていない。

何より精神的に気持ちが追い付かない・・・
スポンサーリンク

借金苦でクタクタです。

私はいつも22時くらいには眠くなってしまい、布団に入ればすぐに眠りについてしまいます。

でもこの数日は眠れないんです。

最初は寝付るんだけど夜中2時過ぎに目が覚めてしまい朝まで眠れません。

眠れないことで、さらに借金返済のことが過って不安に襲われてしまうから・・・

気を紛らわすために、スマホで楽しい話題を探したり見たりしても全然集中できなくて、見るのを止めて寝ようとして、やっぱりダメでまたスマホをみて紛らわして・・・

そんなことを繰り返しているうちに朝になってしまうんです。

病気の父が入院をしていた時に夜眠れないと、「朝が来て明るくなるとホッとする」と言っていました。

その気持ちはまた次の日を迎えられた明るい気持ちと、また1日を進む前向きさだったと思うけれど、

今の私は寝れずに朝が来て明るくなると・・・
何もできないままの状況の中で、また1日が進んでしまう恐怖さえ感じてしまいます。

千円でも多く稼ぐために単発のアルバイトをしようと思い探しているけど、ここ数日で父の具合も悪くいつ何が起きるかわからない、予期できない状況になってしまったので、働くことも今は難しいのかもしれない・・・

前に進みたい、この借金苦を脱したい。

でもその方法がどうしても見つからないんです。

気持ちが追い付かないなら・・・せめて家事だけはしっかりこなしておこう。

そう思うけど、こんな気持ちの今は家の片付けにすら気持ちが集中できないでいます。

ただこういう時は細かな些細なことに気を付けないといけない!と自分に言っています。

借金苦に追い打ちをかけるような週末。

そんな行動力さえ失せてしまっている毎日ですが、今日は予定していた通りに夫が病院へ検査に行きました。

年齢的にも何がおこってもおかしくないし、悪いところがあるならすぐに治す!

自分のことは後回しでもやっぱり家族のことになるとつい必死になってしまいます。

病院での結果は結論から言うと大きな深刻な病気ではありませんでした。

でもまったく何も問題がなかったわけではなくて、今後の様子を見ていく方がいいものや、治療が必要となりそうな箇所があったりで、まずは大きな病がなくホッとはしたし、早く検査を受けてよかったと思いました。

ただ、そのことに手放しで良かったと言えないのは、やっぱり医療費(お金)がかかることです。

この日の診療でかかった医療費だけで2万円でした。

もちろんすべて保険診療で。

ある程度想定をしていたので用意はしていたけど、やっぱりこれだけかかったか・・・

妻が内緒で借金をしている立場で、夫には申し訳ないけど私の率直な感想でした。

それでも検査結果に安心した夫の表情を見ると、何故か私も救われたような気がしました。

それは、検査結果が心配でひとり悩んで(苦しんで)いたんだって感じたからです。

その悩み、苦しみから解放された夫の安堵の表情が「いつかわが身にも起こること」と親近感を持ったのです。

今月の借金返済を遅延したまま医療費2万円の出費は本当に痛いですが、借金苦で何に対しても気持ちで負けてる今の私には必要な出費、意味ある支出だったのかもしれません。

これで終われば微笑ましいのですが。

病院が終わったのが午後だったので、実家に預けた子供たちを迎えに行く前に夫と遅めのランチをしました。

ファミレスで私は500円位のそのお店では1番安いものを注文。

でも夫はなんも躊躇もなく私の倍の値段の物を注文しました。

「おいおい、自分が今日どれだけ医療費がかかったか考えないのか?」

「確かに検査結果が特に問題なく、私もあなたのホッとする表情に救われたけど、自分だけ良ければそれでいいわけ?」

と思ったけど口にはしませんでした。

今度は、まだ借金という苦しみから解放されていない私が、検査の不安から解放された夫を妬んでいました。

こっちの気持ちも知らずに・・・と。

しまいには明日「どこか行こうよ」って言いだすので、(お金を使いたくないから)ダメ!と。

これがきちんとした出来る妻が思うことならごもっともだけど、借金苦でクタクタになっている私なんかが言っても何言ってんの?って感じだよねと一人でつぶやいていました。

 - 借金主婦の現実逃避