ただ請求された返済をすることだけに必死です

      2017/03/05

昨日は朝一で前日に振り込みができなかった家賃の振り込みに行ってきました。

朝から慌てて振込に行く姿も気持ちも、まるで金策に必死に走り回っているような姿と何ら変わりがないくらいでした。

返済日が給料日から遠いほど支払い困難になっていくので、とりあえず返せるところから返して次の支払いを考えるしか今は方法がありません。

無事に一つ支払いできれば待ったなしで次の返済日です。
スポンサーリンク

毎月とりあえず請求された返済をすることだけに必死です。

地獄のような借金返済の日々の本当の今の状況は見えていないし、向き合う勇気もないのです。

それではダメだと分かっているけれど、今はとりあえず今月の支払いを無事にすべて終えることだけを考えようと思います。

とりあえず次の借金返済、引き落としの分は入金してきました。

トヨタファイナンスカードの引き落とし2万円です。

返済日に引き落としができなくても再引き落としがあるので、あまり慌てることもなく、再引き落としに甘えていたので限度額が半分になったカードです。

だから今日は現金でガソリンを入れてきました。

いつもはガソリンは必ずトヨタファイナンスカードを使っていました。

でも今日は利用枠がないので現金で入れるしかなかったのです。

再引き落としに甘えているうちに60万の利用枠から半分の30万になってしまいました。

そして利用残高は50万円。

利用枠30万円まであと20万円返済しなければ利用できないことになります。

今の私には、ただの返済専用カードは非常に酷です。

減額のお知らせのハガキには、限度額30万円うちリボ払い枠10万円と書かれていました。

今ある利用残高50万円もリボ払いになっているので、このまま返済をして利用残高が30万円以下になって利用したとしても、リボ払いに枠が10万円なのでからなず1回払いになってしまいます。

その一回払い分+残りのリボ払い分の支払い=支払額。

そうなってしまうので事実上、完済するまで利用できないのと同じような事態なのです。

使えないので嫌でも借金は増えることなく減る。

これは私にとってありがたいことなんだと思うしかありませんが、ただ残高が30万円になるまでこの借金生活を隠しきれるのだろうか。

今が返済Maxの私には返済専用カードは酷で、融資枠はあればあるほど安心バロメーターがあがるのです。

 - 内緒の借金返済生活