貧乏主婦の給料日の油断と早速難関がきた春休み

      2017/07/03

もうすぐ給料日です。

最初に買うのは日用消耗品のまとめ買いです。

お菓子などの多少のムダはあるけれど、1ヶ月ぶんの消耗品など日用品を大量買いが、貧乏主婦の私の最近の楽しみになっているのです。

これが今までの買い物をする楽しさの穴埋めになっているのです。

たくさんの物を選び、たくさんの物をカゴに入れていつもより高額の支払い。

貧乏主婦の給料日の油断と早速難関がきた春休み

生活の為の買い物なので、当然うしろめたさは感じません。
スポンサーリンク

でもちょっと油断すると・・・

買い物依存症の私がひょっこり出てきます。

月に一度のお給料日あとのまとめ買いで気をつけていることは、身の丈に合わない高級なものは買わないことです。

たとえシャンプーでも最近は高級な物がたくさんあるからです。

興味はあるけれど、今の貧乏生活には必要がない、私が買うべきものはこれじゃない。

そう自分に言い聞かせながら、買い物をしています。

日用品だから必要な物だから・・・あれ、これ本当に必要なのかしら?

レジに行く前に見直しをしないとまだまだダメなようです。

それに子供たちはこれから春休み。

どうしても日常より出費が多くなります。

日常より多い出費・・・なんか最近はいつもこんなことばかりじゃない?気のせい?

貧乏主婦の給料日の油断と早速難関がきた春休み

自分に自問自答していました。

何しろ春休みは子供たちの予定やイベントが盛りだくさん。

子供に大人の(私の)都合で、貧乏な思いをさせないようにしないと。

お給料からどこまで出費できるかできないか、それをどれだけ調整できるかは私次第。

そんな春休みを前に早速難関がやってきました。

春休みに子供がお友達と富士急ハイランドに行く約束をお友達としているというのです!

ジェットコースターなどの絶叫もシーンが大好きな娘。

私の場合は「日常生活がジェットコースターに乗っているようなものだし」・・・そんな関係のないことを思ってしまいました。

娘は数人で行くようでお友達のお母さんが引率してくれるようなのですが、バスで行きますので交通費、入園料、お昼代、お小遣い、かなりの出費が予測されます。

せっかくお友達と行くのに用事もないのに断らせるなんてできない。

それに断るほどの予定もない。

貧乏母子

貧乏主婦だけど行かせてあげたいのです、母としては。

費用が多少高くても家族で出かけるよりは、一人分で済むほうが断然安い!

そう考えれば費用も安く済むし子供も喜ぶ。

親として無理をしてでも行かせてあげたいと思っています。

連休もこれといったところには連れて行ってあげられなかったし・・・

でもキツイな~というのが私の本音。

春休みは長期休みの中でも一番短いのが救いです。

宿題もないので「宿題やらないと、どこにも行けないよ!」という言い訳もできないし。

宿題がない春休みって子供のころはすごく嬉しかったな。

そんなことを思い出しながらも、親になったら「春休みも子供に宿題をお願いします」そんな勝手な気持ちです。

お給料をもらう前から、子供の春休みという出費の難関と返済するお金を調整しながら乗り越えていかなくてはなりません。

 - 貧乏主婦生活