貧乏だからではなくカラッポの冷蔵庫

      2017/07/03

生活費を抑える方法にいまだに試行錯誤しています。

たとえば食費。

食品の購入は1週間まとめ買いがいいのか、毎日買い物に行くのがいいのか?

以前も書きましたが、買い物依存症の私にはどちらにしても、買いに行く回数と一度に使う金額が違うだけで、どちらも結果的に変わらないのです。

貧乏だからではなくカラッポの冷蔵庫

ただ、少し意識の変えることができるものがあることに最近気づきました。
スポンサーリンク

それは貧乏だからではなく・・・カラッポの冷蔵庫です。

中が空っぽならば、自然と買いに行く。

これは生活をしている以上は変わらないのですが、冷蔵庫を常にカラッポに近い状態を保つことで、食材を備蓄、補充しておこうとする意識が消えることに気づきました。

今までのように買ってしまわないで、必要な物だけを買いに行けるようになれれば・・・

そんな簡単なこと、と思われてしまうでしょうが、こと食材だけではなく・・・

買い物依存症で多額の借金を抱えて極貧生活の私です。

そんな簡単に冷蔵庫をカラッポにできていれば、・・・今の私はいないはず。

買い物依存性も簡単に回避はできないことだと、自分でもよく分かっているのです。

もし、必要な物だけを買い、ひとつも予定外の物を買わなかった時、「よし、買わなかったぞ!」と思うより・・・買いたかったのに買えなかった。

買い物依存症の貧乏生活

今の私はまだ、そう思ってしまうのではないかと思うのです。

そしてそうなった時、次に行った時に、「前に我慢したから今日はいいよね」と、更なるリバウンドをしてしまいそうで怖いのです。

ここまで書いて頭では分かっていても、気持ちがそれ(衝動)を理解できないのです。

自分に都合のいい解釈だけど・・・

ダイエットも短期に大量減量できたら、そのぶんリバウンドも大きい。

だから長期に少しずつ減量するほうがリバウンドしにくい。

私の買い物に対する意識や衝動も、少しずつそうしていきたいと思ってます。

 - 貧乏主婦生活 ,