まさかの督促電話の男性の言葉に圧倒されました

   

借金の返済や支払いができずに遅れることが増えてきてしまい、それを把握するのも難しいほど、かなり借金生活も末期症状に陥って追いつめられています。

把握するのが難しいと言うより、怖くて向き合えないのが正直な気持ちです。

返済が遅れる先にはお詫びの連絡を入れ、もちろん威嚇されたり嫌なことを言われませんが、それはこちらから連絡してるからだと思います。

開き直ってるわけじゃなく焦っているんです。

借金生活の末期症状と督促電話

こんな私でも遅れて申し訳ないと思っていますのでお詫びするのが礼儀かと、実際それしかできないのですが。
スポンサーリンク

借金生活の末期症状とまさかの督促電話。

実は先日、家賃の件で保証会社から連絡がありました。

過去に数日遅れて入金をしたことは何度かありましたが、先月は1ヶ月遅れて入金することしかできませんでした。

一度遅れてしまうと、それを巻き返すことは並大抵なことではありません。

一度遅れたら支払いは二回分、2倍です。

一回分が払えないのに二回分払えるわけないんです。

[st-card id=2440 ]

末期症状へ向けて1つの歯車の狂いは容赦なく追いつめてきます。

借金生活の末期症状

巻き返せないまま1ヶ月遅れの家賃は今月分も正常に戻せないままなのですが、今日とうとう直接連絡がきてしまいました。

もちろん威嚇されたり、嫌なことを言われませんでしたが、督促電話がかかってくるのを避けて、お詫びの意味も込めて金融機関には連絡をしていたのですが、家賃も遅れていることはもちろん分かっていましたが、まさか督促電話がかかってくるとは思いませんでした。

不動産屋さんではなく、保証会社からです。

私は、支払っていないという罪悪感と連絡がきた恐怖で、電話越しの男性の言葉に圧倒されました。

どうしようという、どうにもならない気持ちで気分が悪くなってしまいました。

実は電話を受けた時は・・・

買い物中で、それもコーヒーを飲みながら休憩していたところだったんです。

だからさらに罪悪感を感じました。

借金返済もできないくせにコーヒー飲みながら休憩なんかしてるんじゃないよ!

もちろんそんなこと言われてないけど、今かかってきたことは、そんなことをしている事を見透かされているような気がしてなりませんでした。

お金がありませんとは言えませんでした。

とりあえず圧倒されたまま、数日後に支払う約束をしてその場は終わりましたが、電話を切ってからしばらく動悸のようなものが治りませんでした。

遅れている家賃のことは、どこかでどうにかなるだろうと安易に考えていたけれど、数日後に支払うというアテのない約束をしてしまったが為に、借金返済に益々の影響が出るのは必至です。

とうとう本当に取り返しのつかないところまできてしまったんだと、周囲にお客さんが大勢いるコーヒショップにも関わらず大きなタメ息をついてしまいました。

真夏日の暑い日差しの中、周りの人が暑いと言いながら流す汗とは違う汗を流しながら、どこをどう歩いて来たのか覚えていないほど思い詰めながら家に帰って来てハッとしたほどでした。

ちゃんと信号を渡って来たのか?と僅か数分前の自分の足取りを確認する私。

もう借金生活も、私の張りつめた気持ちも限界で末期症状なんだと感じました。

 - 内緒の借金返済生活