ママ友ランチは「また借金が増える」と脳が信号を出す儀式なのです

   

半年に一度のペースでランチをするママ友がいます。

上の子が幼稚園の時からのお友達で、とても気さくで嫌みのない彼女たちに会うのはとても楽しいのとです。

経済的には苦痛ですが精神的にはとても嬉しい会でもあるのです。

その彼女たちとのランチ会、楽しいのですが、ランチにかかる費用はだいたい2000円くらい。

ママ友ランチは「また借金が増える」と脳が信号を出す儀式なのです

そしていつからか恒例になったのが、お土産持参の儀式です。
スポンサーリンク

借金主婦には辛いお土産という儀式です。

お土産と言っても、どこかへ出かけたからとか記念品ではありません。

ご自宅にお招きされたときに持参する感覚で、各自みんなに手土産を持ってきます。

簡単に言えばデパ地下のスイーツやおしゃれな石鹸など。

そういえば前回はゴディバをいただきました。

皆、余裕がある家庭だと思います、いえあります。

だからと誰も鼻にかけたような嫌みなことを言う人は誰もいないし、自慢をするようなこともありません。

本当のお金持ちはそうだと思います。

中途半端な人ほど聞いてもいない自慢や嫌みが多いと・・・最近いろいろな付き合いを通して分かるようになりました。

半年に一度くらいなので・・・

私もお付き合いでこの前のお返しとか、お子さんの進学のお祝いなど、いくらでもお祝いネタは探せばいくらでも出てくるので、理由をつけて手土産を持参するのですが・・・

多額の借金を抱える主婦には2000円も惜しいのですが、その上に手土産となると出費も辛いです。

何より辛いことは、私は買い物依存症なのに、お土産とか人の物を買うことを喜べないのです。

選んでいる最中にも、金額を見て・・・

ママ友ランチは「また借金が増える」と脳が信号を出す儀式なのです

「また借金、増えるな」と脳が信号を出すのです。

横断歩道のない車道、踏切が閉まりかけているのに渡ろうとする、危なっかしい私をまじかで見てるそんな感じです。

このいつからか始まった手土産持参ランチ会・・・

彼女たちに会うといろいろ刺激にもなるので楽しみなのですが、私は今そんなことにお金を使っている場合ではないのです。

手土産代やランチ代の2000円で、最後に借金返済に窮するのは他ならぬ私なのです。

でも前回はドタキャンしてしまったので(急な発熱で)次はパスは出せません。

そろそろ次のランチ会です。

私は何を持参すればいいのだろう・・・

間違いなく普段は購入しない、家族の口には入らないような高級なものなのは間違いありません。

もちろん無理して付き合う必要はないですが、わたしにとってはこの半年に一度のママ友ランチ会は、
今の借金状況ではとても贅沢だと思いますが、これだけは私の楽しみとして参加したいと思っています。

楽しい分、帰りは急に現実に戻されて心身ともにぐったりしてしまうんですけどね・・・

 - 借金主婦の現実逃避