お祝い事すら素直に喜べない惨めな借金返済生活

      2017/03/05

毎月、一応は返済の予定や生活費の予定を考えますが、まず予定通りにはいきません。

なので考えることすら無駄に思えます。

だから借金があるのだと今は自覚しています。

これは借金あるなしに関係なく、家族があり、生活をしていれば予定外の出来事や出費は当たり前だと思います。
スポンサーリンク

ただ、借金返済に追われている私の場合。

その急な予定、急な出費で、内緒の借金生活が一瞬で崩れるほど重大な事件へつながります。

「重なるときは重なる」よくそう言いますが、借金があることで負い目や不幸を感じているせいか・・・

なんでこんな!

なんで今なの!

なんで私なの!と思うことばかりです。

今月すでに日常出費以外に決定しているもの。

まず交通違反反則金7500円。

自業自得以外のなにものでもありませんが「一時停止無視」

無視した覚えもないし、ここで?という感じですが、警察24時でよく見るような言い訳はしたくなかったので無言で応じました。

次は免許の更新です。

どれだけ交通課に支払いをするんだろうか・・・

免許といい自動車税といい、どうして自分のことや持ち物に対して国に支払いをしなければいけないのだろうか・・・

お金がないので、こんな考えしか私にはありません。

以前にも違反があるので警察署ではなく免許センターでの更新の為、無駄に交通費と講習費用3850円の支払いです。

これも自業自得の出費です。

その上、重なっているのが、夫の会社でお子さんが生れた方がいるので出産祝いです。

おめでたい事すら素直に喜べない自分が惨めです。

女性ならたいていは洋服や記念になるものなど、金額にかかわらす物を渡すことが多いと思いますが、男性は現金を渡すことが多くないですか?

立場や年齢やその人の生活環境にもよると思いますが。

私も子供服などでのお祝いを提案しましたが(それならば高価なものを安く購入したり、場合によってはカードで支払うことで現金を確保できるからです)

しかし、夫に結局現金で渡すからと言われてしまいました。

それ以上言うこともできずに現金出費が決定です。

どれも後回しにできるのもがなく高額です(私には)

まだ今月の借金返済が始まってもいないうちから、これだけの予定外出費があるので、それ以外に予定外の出費がないとも思えず、まだ起こってもいない事態にすらおびえるような気持ちです。

 - 内緒の借金返済生活