借金返済当日とどまることを知らない負の連鎖

   

UCカードの今月分の返済が無事に完了しました。

でも引き落とし口座に残っている残高が返済金額に足りているか分からない状態でした。

週末後の引き落としだったので休み中に確認もできずに、週明けに残高を確認してもし足りなかったら、その分入金すればいいかと、またもギリギリなことを考えていました。

返済できないわけではでないし・・・

足りなくても数百円か数千円程度なので、対応もできるから大丈夫だろうと。
スポンサーリンク

でも負の連鎖はここでも止まることを知らず進行中だったのです。

週末に私は熱を出してしまったのです。

まいったな・・・と思いながらも完全ダウン。

最近、一度体調を崩すとなかなか治らなくなっています。

年々、借金が増えてるのでユックリ療養なんてできません。

そんな借金返済当日。

節々の痛がある中、コンビニへ行きATMで残高照会をしました。

残高51円。

無事に引き落としがされていました。

ホッとしましたが、通帳に残高51円って「こんな大人」そうそういないんじゃないだろうか。

自宅への帰り道はなぜか遠く感じました。

でも今の私は残高51円に悲しむより、無事に返済できたことに喜ばなくては。

そう思いながらまた布団へと入りました。

今月の私の借金返済はどうにか一段落しました。

あとは預金残高51円とカードで、お給料日まで生活を切り抜けるのみです。

いかにカード利用の連鎖を減らすかが翌月、翌々月の借金返済額に影響します。

買い物もなるべく行かないように、ネットや宅配食材を利用しています。

激安店に比べれば、ひとつひとつのコストは高いですが・・・

買い物に行き予定の商品以外の商品を購入したり、献立が決まっていない状態でスーパーへ行ってかえって割高な献立になるより、多少割高でも決められた商品、決めた商品が玄関先まで届く方が私には安心で、かえって負の連鎖を断ち切れて割安なのです。

 - 内緒の借金返済生活