貧乏主婦の私には簡単に使えるようなものは何処にもない

      2017/07/03

お給料日まであと少しの気持ちの昨日、私のお財布にはお札も入っていません。

小銭は・・・少しあるのかなあ、数えるだけ悲しくなるような枚数です。

もう使えるお金がありません。

どうしても使わなければいけなくなったら、カードを使うかキャッシングをする方法しかありません。

でもカード利用残高もさほどありません。
スポンサーリンク

貧乏主婦の私には簡単に使えるようなものは何処にもないのです。

でもあとお給料日まで少しだから大丈夫!

よく「ウインドウショッピングしてたわ」とかって言いますよね。

買物を実際にしないけど見て楽しんだわって。

簡単に使えるようなものは何処にもない貧乏主婦の今の私も同じような感じで、お給料日になったら買うものを頭で考えたり悩んだりして、これと、あれと何を買おうかな~と楽しんでいるのです。

もちろん買い物と言っても生活雑貨や食品です。

その中に多少私の物もあるかとは思いますが。

あと数日だから、これができて楽しく想像お買い物ができるのですが、お金が本当になくてお金が入る予定もなく、お給料日までまだまだの時はそんな想像さえも地獄なのです。

そして自分の物をお買い物したくなったときは、今は雑誌です。

もちろん無駄な出費かもしれませんが、ファッション誌などを読むことが私のウインドウショッピングなのです。

行けば欲しくなる、買えない、ストレスになる。
行けば欲しくなる、買ってしまう、借金が増える。

そんな私に雑誌は救世主なのです。

どの雑誌にしようか悩むのも最近は楽しいです。

想像もできなく雑誌さえ買えない時も、もちろんあります。

でも今はお給料日が数日後なので想像もできるし、新しい雑誌が出る楽しみもある。

そんなささやかなことを幸せな瞬間だと思って、簡単に使えるようなものは何処にもない貧乏主婦の私でも頑張るしかありません。

 - 貧乏主婦生活