貧乏な主婦という自分の立場を再認識

      2017/07/03

昨日の日曜日はブログで書いた予定通り、無料イベントのミニ動物園に行きました。

どんなものかなと期待と興味だったけど、私の予想以上に人がいて正直ホッとしました。

こういう無料イベントに参加することって別にお金がない人が来る場所ってことはないんだよねと。

自分が貧乏だからって勝手にそう決めつけていたけど。

貧乏な主婦という自分の立場を再認識

この無料イベントにきてるから貧乏だと思ってしまう事のほうが・・・
スポンサーリンク

私自身が貧乏主婦と思っているからだと、改めて自分の立場を再認識してしまいました。

そんなことを卑下する必要もなく、イベントはそれなりに楽しく無料なのに充分満たされる時間を過ごせました。

もちろん心も満たされました。

でもまだ時間はやっと午後になろうというところ。

時間もまだあったので久しぶりに家族でショッピングモールへ。

行けば楽しい、でも行かなくても困らない。

まるでアイデア商品と同じようなもの。

なら、行かなければいいのに、つい心が満たされて気分もよかったので行ったのが・・・

出費と不満の始まりでした。

夫と買い物をすると、なんで買うのとは言われないけれど、節約や貧乏的な考えの違いに不満があります。

私は美味しそうでも高いものなら買わないし我慢もするけど、夫は安いものを買うことを大前提なので「これ安いのに買わないの?安いものを考えて買わないの?」と始まりました。

そりゃ安いほうがいいに決まってるじゃん!

でもただ安いからという理由で食べたいとも思わないもの買う必要はある?

そう言い返したかったけど、今日はいつもより気持ちに余裕があったので口には出さずに・・・今ここで吐き出しました。

でも夫は自分が食べたい!と思ったものは高くても買うのです。

だから一緒に買い物するの嫌なのよね・・・

なら一緒に来なければいいのよね・・・

不満を抱えて1人そんなことを思いながらレジに並びました。

だけど夫のおかげで今の生活苦も何とかなっているんだ。

夫への不満もあるけど夫が本当の私を知れば、今の不満なんて不満にもならないことではないかと改めて自分の「本当はお金のない貧乏主婦の立場」を思い出しました。

そんな苦い気持ちでレジを通して、それでも昨日は不満は多少あったけど充実した休日を過ごせたので今週もお給料日まで頑張れそうです。

 - 貧乏主婦生活