借金返済のためにしている貧乏内職主婦の現実と気持ち

      2017/07/03

以前も書きましたが私は内職をしています。

内職なので基本的に家でする仕事ですが、家で仕事をさせてもらえてお給料がいただけることは、今の私にはとてもありがたいです。

私は週に2~3回のペースで納品に行くので、納品する時に内職の説明など、その会社で働いている方にお会いしたりお話をしたりします。

たったそれだけのことですが、やっぱり会社の雰囲気や職場の人間関係の雰囲気をものすごく感じ取ることができます。

借金返済のためにしている貧乏内職主婦の現実と気持ち

でも内職をしていると、たまに気分が滅入ることがあります。
スポンサーリンク

私は自分の借金返済の足しにするためにしている内職です。

途中どんなに疲れても、面倒だなと思っても、私自身やりたいかどうかじゃなく、やらなくてはいけないんだと追い詰める思いで作業をしているので、どうしても気が滅入ってしまうことがあるのです。

今の内職にはとても恵まれていて、とてもいい雰囲気の会社だと思いますので、多少のお金に余裕がほしくて、のんびり内職ができるなら楽しいかもしれません。

貧乏内職主婦の現実と気持ち。

月の内職代は2万円前後で、一回の作業で稼げるのは2000円にも満たないほど。

しかも2000円を稼ぐのにもかなりの時間と労力がかかります。

2000円を稼ぐためには1000冊の本にカバーをかけなければなりません。

コツコツした作業は好きなほうですが、やってもやっても終わりが見えないときに、とても悲しい気持ちになってしまうのです。

毎月返済が無事にできたとしても、借金とは別に貧乏な生活が普通に回せていたとしても、借金があるということで追い詰めるほどに内職をしている、いけないことをしている。

そんな思いを常に感じてしまうのです。

なにより一番そう思ってしまうのは、それが内緒だということだから。

その職場からパートで働かないかと声を掛けられました。

小さな子供がいるので毎日働けなく時間も短い私ですが、「休みも前もって言えばいいよ」と。

借金返済のためにしている貧乏内職主婦の現実と気持ち

こんなに私にとってありがたい職場はないと思います。

時間も時給も少なくても、今の内職の仕事の倍のお給料にはなります。

でも、踏ん切りがつかないのです。

短期の仕事を除いて、きちんと仕事にパートやアルバイトでも働くことは10年以上ぶりなのです。

借金していて働いていないのに仕事まで選ぶのか?

と自問もします・・・そんなことではないのですが、怖いのです。

自分の自由勝手にしてきた生活から仕事をしてもきちんと家のことができるのか。

なにより人間関係が薄くなってきた今、人と関わることが負担に思う気持ちがあるので、そんなことで職場に迷惑をかけてしまわないだろうか。

さらなるストレスで借金が増えてしまわないだろうか。

借金返済のためにしている貧乏内職主婦の現実と気持ち

勝手に負のイメージをして負を連鎖させてしまうんです。

内緒の借金というものを抱えた私は、何かを考えるときには必ずこうなってしまいます。

でも働かない限り収入はないし借金が減ることもないのです。

でも借金があるから働かないといけないと衝動的に働くと、自分はともかく職場や家族など周りの人に迷惑が掛かってしまうのです。

過去にそんなこともあったからです。

なのでよい職場だからこそ、今回は慎重に考えて結論を出そうと思っています。

借金があるけれど、貧乏主婦の私にだって悩んで真剣に考える時間を使ってもいいじゃないか!

現実はそんな時間の余裕もなくなんとも自分勝手な考えですが、今はそう自分の中で自分と向き合って悩んでいるのです。

気持ちが落ち込んでる場合じゃない、借金返済のためにしている貧乏内職なのだから頑張ります、今日も明日も。

 - 内緒の借金返済生活 , ,