お金があれば全てを返済に回したいけど、それができないのが主婦の借金です

   

夫のお給料日まであと少し、遅延だらけの返済と支払いをどう処理するか・・・どうにかなるようなならないような相変わらず綱渡り状態です。

私の借金の問題だけに専念できればどんなに気が楽か、今まではそんな風には思えなかったけれど、主婦として当然、家族のことも同時進行させていかなくてはなりません。

差し迫る悩みは、子供たちの夏休みにかかる出費と私の歯医者の予約。

まず私の歯医者は度々申し訳ないけれど、また変更をしてもらうつもりです。

お金があれば全てを返済に回したいけど、それができないのが主婦の借金です

今はまだ行かなくてもいい状態のことならば、そのことに千円でも使う余裕がないのです。
スポンサーリンク

お金があれば全てを返済に回したいけど、それができないのが主婦の借金です。

クレジットカード返済を遅延している状態で、1000円でもかき集めてカード会社に振り込みた気持ちの、夫のお給料日直前の生活苦。

お給料が入り振り込んだところで、どこまで遅延を挽回できるかも分からない手探り状態の中で、そんな状況でも借金の返済だけに専念できないことも主婦の借金の辛いところだと思わざる得ません。

子供たちの夏休みは嫌でもこれから1カ月続くのだから忍耐と工夫との勝負なのです。

そしてなにより痛い出費が、子供のボランティア活動参加費です。

子供がボランティア活動に参加するので、その参加費用の集金があるのです。

学校と地域の主催なので安心だし、ボランティア活動を経験できることはいいことだし、本人の希望なので行かせることにしました。

正直、この夏休みどこへも連れて行ってあげられないかもしれないので、泊りでお友達とお出かけすることは、親の私からするとできないことを代わりにしてもらえるというくらいありがたいことなのです。

それでも5千円の集金は辛いです。

でもトータルで考えれば価値のある5千円です。

夏休み突入と同時に出費が始まり、それが借金の返済や相談へ影響してくることを思うと、この先のことを怖くて考えないようにしてしまいます。

どうしても現実の厳しさを見つめることができません。

昨日は給水停止のお手紙がきていた水道代金をやっと支払ってきました。

本当は3回分支払わなければいけないけれど、持っているお札のすべてを支払ってしまいました。

それでも1回分の遅れは取り戻せず。

最初に朝一で水道局に電話をして「今日支払いに行きます」と言い、支払いに行ったら「3回分ではないのですか?」と言われ、「今日は持ち合わせがないので2回分でお願いします」と頭を下げ、どうにか水道料金と給水停止の危機から脱出できました。

すごく心苦しかったし惨めな気持ちにもなったけど、これでも今の私には精一杯の頑張りでした。

そして今日はパートの面接でした。

真夏の炎天下のなか自転車で面接場所まで向かいました。

昨日の水道局に続いて連日の猛暑の中の行動は貧乏主婦ならではですが、これもすべてが自業自得。

着いた頃には汗だく、でも何故かまだ働いてもいないのに労働者になったようなすがすがしい汗でした。

感じのいい人事担当だという男性と面接をし、結果は3日後。

合格なら電話、不合格ならお手紙がきますとのことでした。

結局、借金返済できないまま、ここ数日で数千円が消えていきました。

家庭の主婦としては当然な行動も、返済が減らなければ借金主婦としては無駄な行動です。

今の私はそれ程までに追い込まれて、1000円がとても貴重なのです。

面接に落ちれば履歴書代すら損失に思えるほどなのです。

借金のこと以外にも他にも山ほどある主婦としてやらなければならないことに、無責任だと思うけれど、今は私のことだけに専念できればどんなにか気が楽かと思ってしまいます。

 - 内緒の借金返済生活 ,